札幌市白石区の東札幌にある歯医者「東さっぽろ公園歯科クリニック」
キレイな院内で滅菌や設備にもこだわり、地域医療に貢献します。
お忙しい方のための日曜診療もしています。お気軽にお越しください。

予防歯科、小児歯科、矯正歯科、入れ歯、スポーツ歯科、審美歯科・
ホワイトニングなら東さっぽろ公園歯科クリニックにご相談ください

  • お忙しい方のための日曜診療
  • 土足OK!バリアフリー設計
  • 駐車場4台完備
  • PM20:00までの夜間診療対応
札幌市白石区東札幌6条3丁目1-4

011-818-1818

月火水金
9:30~13:30 15:00~20:00
土曜日
9:30~17:00
日曜日
9:30~13:30
休診日
木曜・祝日

診療案内

予防歯科

予防歯科をはじめよう!! リタイア後に後悔したことNO.1「歯の定期検診」

下記の表は「やっておけばよかった…と後悔していること」を題材にしています。年齢を重ねるごとに“歯を失う”という問題に直面していることがわかります。

健康 60歳未満VS70歳以上でこんなに違う

55〜59歳
  • スポーツなどで体を鍛えればよかった
  • 日頃からよく歩けばよかった
  • 歯の定期健診を受ければよかった
  • 腹八分目を守り、暴飲暴食をしなければよかった
  • 肌の手入れをすればよかった

70歳以上と比べて目立つのは、スポーツをする、肌の手入れをするなど、体調よりも容姿を気にしている点。まだまだ体の衰えは感じていないという事でしょうか。

70〜74歳
  • 歯の定期健診を受ければよかった
  • 日頃からよく歩けばよかった
  • スポーツなどで体を鍛えればよかった
  • なんでも相談できる医師を 見つけておけばよかった
  • 地域の福祉サービスについて 学んでおけばよかった

歯の後悔はこの層がダントツ。やはり年齢を重ねるほどに、歯の問題は深刻になるようです。福祉サービスが17位と、介護について真剣に悩み始めるのもこの層。

日本は長寿国で歯抜け大国?

現在、日本は世界でも有数の長寿国となっており、平均寿命は女性が86歳、男性が80歳で、ともに過去最高を更新しており、世界でも有数の長寿国だということは私達の誇りです。 一方、このような嬉しいニュースの裏側には、とても悲しい事実が隠されていることを、みなさんはご存知でしょうか。

世界でも有数の長寿国である日本は、同時に世界でも有数の「歯がない」、いわゆる「歯抜け大国」という烙印を押されていたのです。70歳の各国の平均残存歯数(残っている歯の数)は、スウェーデンが20本、アメリカが17本という数字に対し、日本はたったの8本と、比較しても明らかに少ない数字となっています。

メインテナンスが将来を変える

なぜ日本と各国とで、失う歯の数にここまでの差が出るのでしょう?その答えは「定期的な歯科検診」にありました。

日本と各国では歯科医院への来院動機が違い、日本では多くの方が歯の痛みを訴え来院します。各国では、痛みが出ないよう、予防するために来院します。日本人にとって歯医者さんは救急病院と同じ、“痛くなってから行く所”と考えられているため、このような結果になっています。

実際に予防先進国のスウェーデンでは90%と、国民のほとんどが歯科医院で定期メインテナンスを受診している一方、日本国民はたったの2%しか定期メインテナンスを受診していません。

歯を失わないために、事前に備えて行動する。
意識の違いが歯を守る、という顕著な差として表れているといえます。

痛みが出てから歯医者へ行く

早い人では30代で総入れ歯になる人も。

歯の痛みが出てから歯医者さんに通うということは、すでにある程度むし歯が進行しており、そこまで進んでしまったむし歯の場合、削る・かぶせるといった治療になることが多いです。一度削ってしまった歯はもろくなり、細菌の進入を許しやすくしてしまうため、最後は抜歯へ、という負のスパイラルがはじまります。たった一本でも抜歯してしまうと、そこから一気に総入れ歯への下り坂を駆け下りることになります。痛くなってから歯科医院にいくという文化が根づいてしまった結果、日本における80歳以上の総入れ歯装着率は6割以上という非常に残念な結果が出ています。

治療から予防・メインテナンスに

あなたの協力・参加が必要です

実は1日の歯磨きの回数を比べると、なんとスウェーデンよりも日本の方が多いという調査結果も出ています。ここからわかるのは、自分のケアを時々プロにしっかりと診てもらい、それをフィードバックして改善することではじめて効果が上がるということです。

必要なのは、正しい知識と、歯科医院でのプロケア+自宅でのセルフケアの両輪でしっかりケアしていくことです。 自分の意識から変えていくことで、自分の歯と将来を守ることは可能なはずです。 治療から予防・メンテナンスに価値観を変化させることであなたの人生を必ず好転させることは既に科学が証明しています。

予防を心がけましょう

お口の健康が守られていれば、痛い治療を受けたり、高い治療費を払ったりする必要もありません。世界有数の長寿国である日本ですが、80歳まで自分の歯を維持できる方が少ないといわれています。むし歯治療で歯を削ると、その歯の寿命は平均40年になるといわれています。つまり、10歳で治療した歯は、50歳で失うかもしれないのです。

どんなに進んだ医療機器、歯科材料で治療したとしても、本来備わったご自身の歯に勝るものはありません。生涯にわたりご自分の歯を維持するために、今からでも予防歯科をはじめてみませんか?

Copyright (C) 2016東さっぽろ公園歯科クリニック All Rights Reserved.