札幌市白石区の東札幌にある歯医者「東さっぽろ公園歯科クリニック」
キレイな院内で滅菌や設備にもこだわり、地域医療に貢献します。
お忙しい方のための日曜診療もしています。お気軽にお越しください。

予防歯科、小児歯科、矯正歯科、入れ歯、スポーツ歯科、審美歯科・
ホワイトニングなら東さっぽろ公園歯科クリニックにご相談ください

  • お忙しい方のための日曜診療
  • 土足OK!バリアフリー設計
  • 駐車場4台完備
  • PM20:00までの夜間診療対応
札幌市白石区東札幌6条3丁目1-4

011-818-1818

月火水金
9:30~13:30 15:00~20:00
土曜日
9:30~17:00
日曜日
9:30~13:30
休診日
木曜・祝日

診療案内

小児歯科

お子さまが楽しく通院できるように

小さな頃に歯医者さんに嫌なイメージを持つと、年を重ねても苦手意識が残り、歯科医院に通いづらく感じてしまいます。

東さっぽろ公園歯科クリニックでは、お子さまを歯医者嫌いにさせないために、嫌がるお子さまにいきなり治療を行うのではなく、治療の前にまずは直接お話したり、診療器具を触ってもらったり、歯医者さんの雰囲気に慣れてもらうところから始めています。

歯医者さんに楽しく通院できるよう、キッズスペースも用意し、丁寧で優しい診療を心がけています。

歯の生え替わりのタイミングは重要です

乳歯はむし歯になっても大丈夫…?その考えは、大きな誤解です

むし歯は感染症です。免疫力の低い新しい永久歯が生えてきたときに、お口の中にむし歯があると、永久歯もむし歯になってしまうリスクが高まってしまいます。いずれ抜ける乳歯だからといってむし歯になっても問題ない、とは言うことはありません。

その他にも乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備をしたり、永久歯を正しい位置に導くといった役割を担っていたり、顎の骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を及ぼしています。

生えたての歯はとてもデリケート

免疫力の低い、生え替わりはむし歯になりやすく、とてもデリケートな状態です。乳歯と永久歯が混在すると歯並びがでこぼこになりがちで、汚れがたまりやすくなります。

また、乳歯がなかなか抜けない、永久歯が生えてこないなど…この時期にはトラブルも出てきます。歯の生え替わりの時期はなるべく注意を払い、お子さまのお口を入念にケアしてあげることを心がけましょう。

お子さまの歯を守るのは、お父さんお母さん

お子さまのお口を「むし歯になりにくいお口」にするためには、 お父さんお母さんの協力が必要です。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯はいません。では、なぜむし歯になるのでしょうか?むし歯は感染症です。むし歯を持つお父さんお母さんが、食事中に口をつけたお箸やスプーンでお子さまに食事を与えたり、食べかけのものを分け与えることで、お子さまにむし歯菌がうつってしまう恐れがあるのです。

お父さんお母さん自身のお口の中がむし歯、歯周病のないキレイな状態を維持することが大切なお子様のお口の健康を守ることにも繋がります。

お子さまをむし歯から守る3つの方法

感染源の除去
感染源の可能性のあるお父さんお母さんが、まずはむし歯を治療・予防することが大切です。
毎日の歯磨きはもちろん、歯科医院でのケアやクリーニングを受けましょう。
感染経路の遮断
むし歯の感染を防ぐのに効果的なキシリトール、特に無糖、糖類0g、シュガーレスなどと表示されている製品を活用しましょう。また、口移しなどは極力控えて安全なスキンシップを心がけましょう。
抵抗力の強化
歯医者さんでの歯磨き指導を受けたり、歯の溝を埋めるシーラント填塞、歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布)などを活用して、抵抗力を強化し、抵抗力を高め、大切なお子さまの歯を守りましょう。
  • 歯磨き指導

  • シーラント填塞

  • フッ化物の活用

「よく頑張ったね!」

大人は我慢できることでも、子供にとっては大変なことです。 治療の後は、たくさん褒めてあげてください。

Copyright (C) 2016東さっぽろ公園歯科クリニック All Rights Reserved.